微分・積分

Entries :
11
Comments :
0
Trackbacks :
0

2008年前期 北海道大学 9

Posted by :
Date :
Level :
2
Dept. :
理系学部
関数 f(x)g(x)0leqq x leqq1 の範囲で定義された連続関数とする。 (1) .....

2008年前期 筑波大学 2

Posted by :
Date :
Level :
3
xyz 空間内の点 P(1,0,1) と, xy 平面上の円 C:x^2+(y-2)^2=1 に属する点 .....

2008年前期 筑波大学 3

Posted by :
Date :
Level :
3
e は自然対数の底とする。t>e において関数 f(t), g(t) を次のように定める。 .....

2008年前期 千葉大学 9

Posted by :
Date :
Level :
3
関数 y=log zettaiti{x} のグラフ G 上に動点 A, B があり, それぞれの x 座標を a, b.....

2008年前期 横浜国立大学 5

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
工学部
連立不等式 x^2+(y-bunsuu12)^2leqq1;y geqq0 の表す図形を x 軸の周りに回転してできる回転.....

2008年前期 静岡大学 5

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
理学部(物理学科,/化学科/数学科),情報学部,工学部
a, b を定数とし, 2次方程式 x^2+ax+b=0 は実数解 alpha, beta (alpha<beta) をもつと.....

2008年前期 名古屋大学 7

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
理系学部
曲線 C:y=log x 上の点 P(a,log a), 点 Q(b,log b) (1<a<b) をとる。 点.....

2008年前期 大阪大学 6

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
理系学部
t を負の実数とし, xy 平面上で曲線 y=2^{2x+2t} と曲線 y=2^{x+3t} および y 軸で囲.....

2008年前期 神戸大学 7

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
理系学部
xy 平面上に5点 A(0,2), B(2,2), C(2,1), D(4,1), P(0,3) をとる. 点 P .....

2008年前期 九州大学 5

Posted by :
Date :
Level :
3
Dept. :
理系学部
f(x)=bunsuu{e^x}{e^x+1} とおく。ただし, e は自然対数の底とする。 このとき, 次の問いに答えよ。.....
1  2
Entries :
11
Comments :
0
Trackbacks :
0

Return to page top